記憶法

なぜ記憶法がいるのか?

読書法のついでに、記憶法の本も見てみた。

本を読んだ所感

ざっと読んでみたところ、記憶は3つのステップが必要らしい。まあ当たり前か。

  • 情報を取り込む
  • 情報を保持する
  • 情報を取り出す

どうすればいいのかというと

  • 情報を早く正確に取り込むには、目的、興味が大事
  • 情報を長く保持するには、分散学習が大事(細かく何回かに分ける)。これにより情報が海馬から側頭葉に移るらしい。
  • 情報を早く取り出すには、引き出すためのフックを増やす(関連付け、連想)のが常道のようだ。

読んでみた本

個別の感想は後日。

記憶力を強くする

記憶力がグングン高まる

マインドマップ記憶術

超右脳記憶術

暗記のパワーが世界を変える 最強の記憶術

コメント

タイトルとURLをコピーしました